5年目幼稚園の先生がペーパードライバー教習を受講です!

大阪ペーパードライバー教習日記画像付き

大阪府東大阪市20代女性ペーパードライバー歴7年

大阪ペーパードライバー教習専門校~ペーパードライバーネット大阪校

今日のお客様は、
幼稚園の先生がペーパードライバー教習を受講されました。

今回のお客様は、
園長先生が、10年前の当校の卒業生で
今回、ご紹介頂きましたのは、その幼稚園の先生です。

今年の秋には、結婚も控えているそうで、
今後の事を考えてのペーパードライバー教習の受講です。

今はまだ、
ペーパードライバー歴も6年程度なので浅く
20代の若さで、どんどんチャレンジしてくれました。

そんな中
ペーパードライバー教習生にも多い
幼稚園の先生ですが、何度も教習しているわりには、
どのように幼稚園の先生になれるのか!?
を知らなかったので、教習の合間にお聞きしてみました。

幼稚園の先生になる為の道は、
高校を卒業後に保育士養成学校に入る方法
短大の幼稚園教諭養成課程
大学の幼稚園教諭養成課程
3種類あるらしく
大学を出た方は、一種免許状
大学院を出た方は、専修免許状
保育士や短大での方は、二種免許状となるようです。

専修、一種、二種免許状を基に
幼稚園教諭採用試験を受験するようです。
試験に合格すれば、同じように幼稚園教諭になれるものの、
給与面では、時間をかけた専修、一種免許状の方が給与が数万円高く設定されているそうです。

またよくあるイメージで
幼稚園の先生=ピアノが弾けるのが当たり前
というイメージですが、資格の取得には関係なさそうですが、
いざ、幼稚園の就職となれば、ピアノの演奏は必須条件となっている事が多いので
試験に合格すれば、早急にピアノが弾けないといけないですね!
となれば、
やはりピアノが弾けるのは、イコールと考えてもいいかもしれません。

これから目指される方は、参考にして下さいね!

それでは、大学を出て幼稚園の先生になったお客様。

大学時代に取った
自動車の免許も職場までの通勤に役立つように
しっかりとペーパードライバー教習で学んでくださいね!

お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA